ARBITRO MAGAZINE

腕時計のポリッシュ(新品仕上げ)

 

新品仕上げ(ポリッシュ)は¥20,000〜

ケース・ブレスレットのポリッシュ(研磨)は¥20,000〜(税抜) 承っています。

ケースを分解し、キズ取りを含んだバフ研磨による鏡面部分の研磨とヘアライン入れを行います。ポリッシュ作業のみのご依頼も承っておりますのでお気軽にどうぞ。

研磨について

風防等の外装部品も分解してから作業を行います。

その際、劣化のため部品交換が必要となる場合は別途、最低限の部品代が必要となる場合がございます。

かなり大きく深いキズや打痕は完全に取り除くことができない場合がございます。

複雑に加工されたパーツやメッキ処理が施されている箇所は研磨を行いません。

※金張りの時計は研磨作業をお断りする場合がございます。

ご不明場合はご依頼前にお問い合わせ下さいませ。

納期は4〜5週間

基本的に作業開始から「4〜5週間」でお渡しが可能です。

ご依頼数の多い時にははもう少しお時間を頂くこともございますが、基本的には上記の納期とお考え下さいませ。

年末年始やGWなどの長期の祝祭日をはさむ場合は上記の納期にプラスされますことを予めご了承下さいませ。

磨き・新品仕上げ

時計を普段使いしているとどうしても目立ってきてしまうキズや汚れなど。

自分で磨くキズ取り用の革でやってもなかなか消えない。。っていう経験が誰でもあると思います。

表面の極々浅いキズであれば自分で取り除くことができるかもしれませんが、引っかきキズや少し凹んでしまった場合などは職人による磨きに出したほうが品質・満足度ともに段違いだと思います。


オーバーホールについてはこちらのコンテンツもおすすめです。

Rolexムーブメントのオーバーホール | Arbitro

Rolexムーブメントのオーバーホールとローター芯交換の様子。 なかなか開けることは無いと思いますが、裏蓋を専 …

HEUER Autavia 1163V のオーバーホールの様子 | Arbitro

タグ・ホイヤーの前身、ホイヤーの伝説的クロノグラフのAutavia (オータヴィア)。 インディ500のスポン …

時計のオーバーホールとは? | Arbitro

オーバーホールとは、ざっくり言うと一度全てバラして(分解)して洗浄、組み立てや調整を行うこと。 時計のオーバーホールはムーブメントはもちろん外装もきれいにすることができます。

修理職人の仕事 Vol.1 “Airy’s” | Arbitro

アルビトロが探しに探して、信頼できる修理職人さんに辿り着いた中のお一人がAiry’sさん。 Airy’sさんは …

修理職人の仕事 Vol.2 | Arbitro

オーバーホールなどをいつもお願いしている静岡の松野時計店さん。 アルビトロが探しに探して、信頼できる修理職人さ …

 
時計のオーバーホールとは?
Sold. ROLEX Oyster Royal Precision 6426

MENU

Back

Share to